女性が服用すれば、高い確率で妊娠を防ぐことができる緊急避妊薬(アフターピル)。原則、医療機関の処方が必要な国内の現状を変えて欲しいとの声を受け、厚生労働省の検討会がオンライン診療での処方の議論を始めました。避妊の啓発に取り組むNPO法人・ピルコンの染矢明日香理事長(33)に、緊急避妊薬の現状について聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます