プロバスケットボールBリーグ1部の川崎の客足が好調だ。今季開幕から2018年末までの1試合平均観客数は3837人で、昨季同期の2605人から47%増えた。B1全体が6%増のなか、この伸び率は他17チームを上回る。背景にあるのが、東芝に代わって今季から運営を担うIT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)の戦略だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます