自民党第3派閥の竹下派(平成研究会、56人)は24日、会長の竹下亘・前総務会長が食道がんの治療に入ってから初めてとなる派閥会合を開いた。竹下氏の復帰まで集団指導体制で乗り切る方針だが、昨秋の党総裁選で対応が割れるなど、派内にはしこりも残るだけに、「結束」のアピールに躍起となっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます