貧血の多くは鉄欠乏性貧血です。そのため、貧血に対して鉄剤が投与されています。たいていはそれでいいのですが、原因が鉄欠乏ではなかった場合、貧血は改善しません。漫然と鉄剤の投与がなされている例もあり、はなはだしい場合は鉄剤の注射のせいで二次性鉄過剰症が起きて患者さんに害を及ぼすことについては前々回にお話しした通りです。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます