住友重機械工業は24日、同社や子会社3社で、「動く歩道」の定期検査やスキー場のリフトの減速機の保守作業の数値を改ざんするなどの不正があったと発表した。現時点でトラブルはないが、不正な製品やサービスを納入した顧客は29社288件にのぼり、さらに増える可能性もある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます