南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降をめざしていたプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が遠征を終えた。ドクターストップで断念した目標は次男豪太さん(49)がともに達成した。そして、「90歳でエベレスト」を宣言した三浦さん。その夢をかなえるため、親子は新たに、ある共通の目標を掲げた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます