仮想通貨交換業者コインチェックから約580億円相当(当時のレート)の仮想通貨NEM(ネム)が流出した事件から26日で1年。ハッカーは、同社のネットワークへの侵入を狙って、実行の約半年前から同社社員に接触し、メールと電話でやりとりを重ねていた。こうした人間の心理につけ込んで機密情報を狙う手口を「ソーシャル・エンジニアリング」といい、近年増えつつあるサイバー犯罪の一形態だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます