南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降を目指し、断念したプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が26日に帰国し、東京都内で記者会見した。今回の遠征を振り返るとともに「人類の年齢的な限界を超えてみたい」と、90歳でのエベレスト挑戦に改めて意欲を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます