ブラジル南東部のブルマジーニョで起きた鉱業用ダムの決壊事故で、ブラジル政府は、ダムを所有するヴァーレ社の資産計60億レアル(1レアル=約30円)を差し押さえ、2億5千万レアルの罰金を科した。環境汚染への対策や救助活動などに使うとし、ダムの建設や管理に関する法律の厳格化も検討している。これまでの死者…

無断転載・複製を禁じます