カンボジア音楽界のキング――。カンボジアの人たちが、口をそろえてこうたたえる国民的人気歌手がいる。その名はシン・シサモット。代表曲は、たいていの人が「ありすぎて選べない」と言う。自ら制作したオリジナル曲は1千以上。さらに、橋幸夫の「潮来笠」や「恋をするなら」、森進一の「女のためいき」など、日本の昭和の歌謡曲からビートルズの「ヘイ・ジュード」まで、さまざまな国の歌をアレンジし、カンボジアのことばでうたった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます