「えっ、東京にバンクシーの作品があるの?」。今月中旬、そんな話題が日本中を席巻しました。でも、「バンクシーって誰?」と思った人も多かったのではないでしょうか。神出鬼没のアーティストで、素性は謎に包まれ、世界のあちこちで作品を描いています。どんな人物か。目的は何か。バンクシーに関する訳書がある東京芸術大の毛利嘉孝教授(社会学)に解説してもらいました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます