スポーツ用品大手デサントの大株主である伊藤忠商事が、デサントに対して同意のない株式公開買い付け(TOB)に乗り出す。半世紀にわたって蜜月関係にあった両社が、なぜ「泥仕合」を演じるまでにこじれてしまったのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます