1月にあった卓球の全日本選手権女子シングルスで、14歳の木原美悠(みゆう、エリートアカデミー)が最年少での決勝進出を果たした。18歳の伊藤美誠(スターツ)に敗れて優勝こそ逃したが、1ゲームを奪う大健闘。その才能はどうやって育まれたのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます