早稲田大学マニフェスト研究所は、情報公開や行政のチェック機能など地方議会の改革の取り組みを評価した2017年度版の「議会改革度調査」を公表した。群馬県内では桐生市議会が全国6位に入った。委員会による条例提案や、若年層との意見交換などを評価したという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます