「血液検査の結果、危険な状態です。至急お電話ください」。昨年の正月明け、仙台市の料理研究家・相田幸二(あいたこうじ)さん(43)は、新幹線の車中で留守番電話に残されていたメッセージを聞いた。東京都内のクリニックに電話すると、スタッフが「すぐ大きな病院に行ってください」と告げた。わけが分からなかった…

無断転載・複製を禁じます