漢字の読みにとどまらず、言葉遊びなど何でもござれ。文字の脇に小さく寄り添う振り仮名だけど、日本語の歴史のなかでは「影の主役」といっても過言ではない存在感を放っている。知っているようで意外と知らない、その真価に迫る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます