2月15日は「国際小児がんデー」。長崎大学病院(長崎市)では幼少期や青年期に小児がんを患った経験がある医師や看護師らが多く勤務し、医療者を志す医学生もいる。病を乗り越え、人生の一つの「転機」からそれぞれ医療への道を志したという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます