東日本大震災の津波で多くの職員が亡くなった岩手県大槌町旧庁舎の解体工事について町は5日、本体の解体が終了し、基礎撤去を始めたことを明らかにした。今後、外壁を崩して出たがれきの搬出と基礎掘削を同時に進め、3月上旬ごろまでには更地にする考えだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます