紛争が続くアフガニスタンの和平に向けた国際会合が5日、モスクワで始まった。6日までの予定で、アフガニスタン政界の重鎮らと反政府勢力タリバーンが席を並べる初の機会となる。仲介役のロシアには、タリバーンとの協議を進展させている米国を牽制(けんせい)しつつ、和平の主導権を握りたい思惑がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます