サッポロビールが2013年から1年間販売したビール系飲料「極ZERO(ゴクゼロ)」が、ビールや発泡酒より税率が低い「第3のビール」に当たるかどうかが争われた訴訟の判決が6日、東京地裁であった。古田孝夫裁判長は「製造工程や各種データを検討した結果、(第3のビールに)該当しない」と判断。高い税率を課した国税庁の決定を支持し、サッポロ側の請求を棄却した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます