岩手県は6日、2019年度一般会計当初予算案を発表した。総額は今年度当初比178億円(1・9%)減の9355億円となり、4年連続で減少した。東日本大震災の復興に向けたハード事業が一服し、災害関連の事業費が縮小。予算規模は震災後最少となり、19年度から始まる県の総合計画を見据えた予算編成となった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます