白装束の男衆がたいまつを手に急な石段を駆け下りる「お燈(とう)まつり」が6日夜、和歌山県新宮市にある熊野速玉大社の元宮・神倉神社であった。地元の新宮節に「山は火の滝、下り竜」と歌われる勇壮さで知られる火祭りで、国の重要無形民俗文化財。自然をおそれ敬う原始信仰の形を色濃く残している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます