農林水産省は6日、岐阜、愛知、滋賀、大阪、長野の5府県の養豚場で家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の感染を確認したと発表した。愛知県豊田市の養豚場の豚が感染し、そこから子豚が出荷された5府県の養豚場に被害が広がった。豚コレラは昨年9月、国内の施設では26年ぶりに岐阜県内で確認され、封じ込め策が進められてきたが、被害が一気に広がった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます