三菱重工業は6日、泉沢清次常務(61)が4月1日付で社長に昇格する人事を正式に発表した。泉沢氏は記者会見で「従来の枠を超えた取り組みを図る」と抱負を述べ、新しい技術や製品の開発に意欲を示した。ただ、難航するジェット機「MRJ」の開発事業などは当面、代表権のない会長に就く宮永俊一社長(70)が主導し…

無断転載・複製を禁じます