2020年東京五輪・パラリンピックの開催期間中の交通渋滞対策として、大会組織委員会と東京都は6日、首都高速道路の料金を時間帯によって変動させる「ロードプライシング(料金変動制)」の導入を検討していると明らかにした。関係者によると、競技が行われる時間帯は、300~1300円の通常料金(ETC利用の普…

無断転載・複製を禁じます