地上の明かりが消えた2011年3月11日夜、恐怖や不安の中、満天の星を見上げた人たちがいた。あの星空への思いを集めた仙台市天文台のプラネタリウム特別番組「星よりも、遠くへ」が、今年3月から各地のプラネタリウムで投映される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます