群馬県長野原町の川原湯温泉で毎年行われている湯かけ祭りの1940年ごろの映像が、朝日新聞社が子ども向けに作製した映像ニュース「アサヒホームグラフ」に残っていた。温泉街は、国が進める八ツ場ダムの建設に伴い高台に移転。ダム構想が浮上したのは戦後で、そんな話がない時代の祭りの風景に、参加者は「当時の様子が見られるのは貴重だ」と話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます