フィギュアスケートの欧州以外の国・地域で争う四大陸選手権が7日(日本時間8日)、米カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターで開幕した。男子ショートプログラム(SP)があり、平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)は91・76点で4位発進となった。田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は83・93点で7位につけ、友野一希(同大)は74・16点で12位だった。首位は唯一100点超えの100・18点を出したビンセント・ゾウ(米)。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます