米製薬大手ファイザー日本法人(東京)は8日、高血圧症治療剤「アムバロ配合錠『ファイザー』」の5製品、計約76万4千錠を自主回収すると発表した。提携するインドの工場で製造された薬の原材料に、発がんの可能性がある物質が混入していた。服用すると重い健康被害が出る恐れもあるが、現時点では被害の報告はないという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます