総務省が8日発表した2018年の家計調査によると、2人以上の世帯が使ったお金は月平均28万7315円だった。物価変動の影響を除いた実質で、前年より0・4%減った。減少は5年連続。勤労世帯の実収入も実質で4年ぶりに減少に転じた。賃金が伸び悩む中、節約志向が鮮明になっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます