富士山の噴火に備え、周辺の山小屋や売店などの管理者に「避難確保計画」を作るよう呼びかける説明会が、山梨県富士河口湖町であった。集客施設の関係者ら約50人が出席し、県の防災担当者が「あらかじめ避難方法を考え、訓練を繰り返せば円滑な避難につながる」と呼びかけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます