米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり埋め立ての是非を問う沖縄県民投票(14日告示、24日投開票)が迫る。沖縄はこれまでも基地問題で大規模な県民大会や県民投票をし、民意を訴えてきた。背景には、沖縄が積み重ねてきた民主主義の歴史がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます