国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は8日、紛争が続く中東イエメンでの取材を予定していたジャーナリストの常岡浩介さんが日本外務省から旅券の返納を命じられたことについて、日本政府に対し、紛争地も含めた移動の自由を認めるよう求める声明を出した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます