堺屋太一さんが近未来小説「平成三十年」を朝日新聞に連載したのは、1997年からの約1年間。平成9年の地点から約20年後の日本を予測し、警鐘を鳴らす狙いだった。団塊ジュニアの官僚を主人公に、20年後の暮らしや改革をはばむ政官界の姿を描いた。堺屋さんが晩年まで「平成三十年」を代表作の一つとして大事にされていたと聞いたとき、駆け出しの文化部記者として担当していた当時を恥じ入るばかりだった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます