南米ベネズエラで独裁色を強めるマドゥロ大統領に反発し、暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長側の代表団が11日、ローマ法王庁(バチカン)を訪問した。フランシスコ法王は、双方の求めがあれば仲裁に入る用意があると表明しており、代表団はバチカン国務省の高官らと面会して、暫定大統領の承認をめぐる国際社会の動向などについて意見交換したとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます