英国の2018年の実質国内総生産(GDP、速報値)は前年比1・4%増と、2012年以来、6年ぶりの低成長だった。英統計局が11日発表した。3月29日に予定する欧州連合(EU)からの離脱をめぐる不透明感が増す中、企業投資が落ち込んだことが響いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます