2020年度から始まる大学入学共通テストでは、「読む・聞く・話す・書く」という英語の4技能を測るため、民間試験が導入される。異なる試験の成績を比較するのに、文部科学省が使うのが「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)」という耳慣れない仕組みだ。「CEFR」は誰がどのような目的で作ったのか、文科省の活…

無断転載・複製を禁じます