航太は、私や夏子がすっかり忘れてしまった農園の名前を、いまでも覚えていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます