皿のまわるカウンターで。マグロと呼ばれる偽装魚を二人という単位がうまそうにつまむ。アイ、人間と称する許容範囲のタスクが、繊細な怪物から名指しえない笑いを笑いとして忘れているよ。「信頼性の高い」贈り物をうけとる反応や市場も人類の感情でもう動かない。たとえば東京湾岸の街に住む、働く。細胞も会話も建設さ…

無断転載・複製を禁じます