フィリピン国家捜査局は13日、ドゥテルテ大統領への批判的な報道姿勢で知られるネットメディア「ラップラー」の最高経営責任者マリア・レッサ氏を、インターネットを使った名誉毀損(きそん)の容疑で逮捕した。レッサ氏は保釈金10万ペソ(約21万円)を支払い、14日に釈放された。国内外の人権団体などからは「政権によるメディアへの圧力だ」と逮捕を批判する声が上がっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます