ブルースバンド「憂歌団(ゆうかだん)」のメンバー内田勘太郎さん(65)が愛用してきたギターがある。ボディー表面の化粧板がすり切れ、弦の間隔もバラバラになっていたが、思わぬ巡り合わせで、このギターを49年前に作り、今は富山県に工房を構えている職人の手元に。修理され、内田さんと新たな音を響かせることになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます