米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、埋め立ての是非を問う県民投票が告示された14日、県内では、投票を呼びかける活動が本格的に始まった。移設に反対する人たちは「反対に○を」と訴え、県や、県民投票を求める署名活動をした市民団体は県民投票の開始をPRした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます