14日に告示された沖縄県民投票では、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設計画をめぐり、名護市辺野古の埋め立ての是非が問われる。政府が工事を強行する中で、23年ぶりに行われる県民投票。手にした一票に、それぞれが感じる重みは。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます