柔道男子66キロ級の世界王者・阿部一二三(日体大)が、「小学生以来」という初戦負けを喫した。10日まで行われていた国際大会グランドスラム(GS)パリで、格下のイタリア選手によもやの一本負け。「負けて成長できることもある」と前向きに敗戦をとらえているが、日本柔道界のエースに海外勢のマークは厳しさを増している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます