千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で亡くなるまでの約1カ月間、両親が骨折を放置していたことが捜査関係者への取材でわかった。千葉県警は虐待が発覚しないよう、医療機関を受診させなかった可能性があるとみて調べている。県警は15日、傷害容疑で再逮捕した父親の勇一郎容疑者(41)を送検した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます