プロバスケットボールBリーグ2部の香川ファイブアローズが、地元住民に試合の運営に携わってもらう取り組みを始めた。16、17両日に小豆島である公式戦では、ポスター貼りやチケット販売を島民が担う。地域を巻き込むことで、集客アップにつなげる試みだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます