石川県は15日、2019年度の当初予算案を発表した。一般会計は5808億8600万円で、昨年の知事選後の6月補正予算を加えた前年度当初予算額に比べ4・8%増となった。谷本正憲知事は東京五輪・パラリンピックや2023年春の北陸新幹線県内全線開業などを挙げ、「交流人口を拡大させるチャンス。日本海側のトップランナーを目指す足がかりを築くための積極的予算」と位置づけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます