救えた命ではなかったか――。そんなケースを防ぐため、児童虐待の現場で児童相談所が弁護士と連携する動きが進んでいる。法律の知識をいかし、子どもと保護者を引き離す「介入」が必要かの見極めや、威圧的な保護者らへの対応に期待する声がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます