豊臣秀吉の朝鮮出兵のため、薩摩の島津義弘(1535~1619)が現在の唐津市鎮西町に築いた陣跡の現地説明会を3月3日、県立名護屋城博物館が開く。陣跡は名護屋城跡とともに国の特別史跡。2016年度から調査しており、昨年2月の説明会以降に分かったことを学芸員が解説する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます