あざだらけの体で、父親からの虐待に耐え続けた少女のSOSは、見守るべき大人たちに見過ごされ続けた。千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡してから、24日で1カ月になる。虐待を疑わせるサインは何度もあった。だが、度重なる転居や転校で学校や児童相談所の注意は心愛さんからそれ、危機感は共有されなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます